沼島 1st: The Island of Onogoro

  • Ancient History:Witness
  • Archaeology:Evidence

Archaeology:Evidence

沼島と淡路島
Island of Nu-shima and Island of Awaji-shima

Link

行程記

島を旅する時は、コンビニ、トイレの場所を聞いておく。
夏は、帽子、日焼け止めクリーム、蚊よけスプレーを買っておく。

7:30
明石大橋を渡り、西淡三原ICを降りて、土生(はぶ)港に到着。
07:50発の切符を買いました。
8:05
沼島に到着!あまり観光化されてしてないのも魅力です。一路周辺を散策し、漁港で唯一の雑貨店で、蚊よけスプレーとかゆみ止めと水と朝食を買う。
9:00
一路、観光案内センターの「吉甚」へ向かう。
9:30
とてもフレンドリーな案内所です。世界的にとても貴重なさや型摺曲地層は海路からしか行けません。僕は屋久島の縄文杉に匹敵するとおもいますよ。おのころ山山頂近くのあるオノコロ神社への参道や上立神岩(かみたてかみいわ)への山越えは一苦労しますが、とても感動します。
16:00
離島し、淡路島本島のおのころ神社、伊弉諾(いざなぎ)神宮へ向かう。
神社が地域住民のこころのよりどころになっている。

Comments

3 件のコメント

  • 喜田 昌宏 より:

    沼島地域おこし協力隊 安藤様から
    大変興味深いHPの情報を頂戴しました。
    淡路島の住民といたしまして不勉強でありました。
    学生時代から慣れ親しんだ「沼島」を
    発信出来るよう精進します。
    HOTELANAGA Masahiro Kida

    • 松田吉広 より:

      喜田様、どうもありがとうございます。
      古事記の物語でいくと、次は山陰へ取材にいきます。(^-^)
      日本大好きインバウンド観光客の方々の視点で、その地のタッチポイントを探して編集していきます。
      Facebookも宜しくお願いします。
      https://www.facebook.com/japamiso/

  • 松田 吉広 より:

    こんにちは!テスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>